日本が誇る最先端の産業技術を世界へ



愛知県「2016伊勢志摩サミット対策 大使館・海外メディア向け魅力発信事業」

愛知--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 愛知県は、2016年に開催される「第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)」のゲートウェイの役割を担うことから、サミット開催に合わせてお越しになる各国首脳、関係者、メディアなど多くの方々に対して、万全の体制で歓迎・受け入れを行うとともに、本県が持つ日本一の技術・産業や、伝統・文化の魅力に触れていただく取組などを円滑に進めるため、「2016伊勢志摩サミット対策室」を設置いたしました。

弊室では、伊勢志摩サミット開催前に、海外メディアを招請したプレスツアーの開催、世界との玄関口である中部国際空港(通称:セントレア)や、時速約280kmで走る新幹線で首都・東京と愛知を結ぶ「名古屋駅」での歓迎装飾を予定するなど、万全の体制で海外からのお客様をお迎えする所存です。

愛知県は、日本の中心に位置しており、長年にわたって日本が誇る産業技術が結集する地でもあります。2015年の年間世界シェアNo.1自動車メーカー「トヨタ自動車」、昨年11月に試験飛行を成功させた国内初の国産ジェット旅客機“MRJ”製造の「三菱航空機」といった日本一の“Technology(技術)”。長きにわたり卓越した伝統技術を引き継ぐ「瀬戸焼」・「常滑焼」といった陶磁器、モノづくりの原点「からくり人形」の技術が生きるユネスコ無形文化遺産候補の「山・鉾・屋台行事」などの”Tradition(伝統)“。このような、我が国が誇る産業技術が結集する産業の中心地「”Heart“ of JAPAN」愛知県。伊勢志摩サミットの開催で世界が注目する「Heart of Japan AICHI-NAGOYA」に、是非一度お越しください。

【愛知県知事 大村秀章から世界中の皆様へ】

サミットのゲートウェイとなる愛知県では、おもてなしの心を込めて皆様を歓迎いたします。
自動車関連産業や航空宇宙産業に代表される世界最先端の技術を誇る、日本のものづくりの拠点、また日本統一の基礎を築いた三英傑を輩出し、多くの歴史遺産を有する歴史・伝統の地でもある本県は、国内外どこからでも抜群のアクセス環境にあります。サミットを契機に、ぜひ様々な魅力に触れていただければ嬉しく思います。


Contacts

<報道関係者お問い合わせ先>
愛知県 伊勢志摩サミット対策室
担当: 本庄 俊和
TEL: +81-52-954-6729
FAX: +81-52-954-6903
Mail: summit@pref.aichi.lg.jp

情報提供元:
記事名:「愛知県が「2016伊勢志摩サミット対策室」を設置 “日本の中心地”の魅力を世界へ発信