JR東海は、有楽町~新橋駅間の高架下約1,400平米の空間を開発し、グルメスポット「日比谷グルメゾン」を5月下旬に開業する。

100年以上の歴史ある煉瓦アーチならではのレトロな外観の高架下に、イタリア、ドイツ、タイ、日本の料理を提供する6店舗を集めた。出店するのは、クラフトビールやピザを扱う「DRAスタンド/ウラドラ」、海鮮バルの「板前バル LIVE FISH MARKET」、タイ料理の「タイ屋台999」、ドイツビアホールの「SCHMATZ Beer Hall(シュマッツビアホール)」、串焼きを提供する「黒松屋」の5店舗と、全国のラーメン店3店舗にバーを併設した「RAMEN AVENUE(ラーメンアベニュー)」。

有楽町駅~新橋駅間の高架下空間は、JR東海とJR東日本が協力して開発を進めており、6月下旬にはJR東日本が商業施設「日比谷OKUROJI」を開業させる。

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海、有楽町〜新橋間の高架下にグルメスポット ラーメンバーなど6店舗