国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と電話会談を終えた安倍晋三首相は、東京オリンピック・パラリンピックの1年程度の延期を提案したことを明らかにした。バッハ会長は同意したという。

安倍首相は、「遅くとも2021年夏までに東京オリンピック・パラリンピックを開催するということで合意した。今後、人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証として、完全な形として東京オリンピック・パラリンピックを開催するために、IOC、バッハ会長と緊密に連携する。」とコメントした。

この後、IOCは臨時理事会を開催する。

情報提供元:Traicy
記事名:「東京オリンピック・パラリンピック、1年程度延期へ 安倍首相、バッハ会長に提案