20200306_yokohama_gih

ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタル・ホテルは、270度の景色を一望できる客室「ハーバースイート」全18室を全面改装した。

8階から25階部分に位置し、広さは84平方メートル。コンセプトは「横浜港の移りゆく景色をイメージした、寛ぎのラグジュアリー空間」。海の深いブルーやマリンブルーなど“海の青”を基調とし、光と風をイメージしたホワイト、朝焼けをイメージした色などを組み合わせることで、水面に映る空と海の絶妙なコントラストを表現。ディテールには客船を思わせる皮素材や木目を使用した。多くのAC電源やUSB電源、Bluetooth対応のBOSE製スピーカーや、ベッドサイドで操作できる電動カーテンを設置した。

改装を記念し、チェックインから24時間の滞在ができる「24時間STAYプラン」を期間限定で販売する。チェックインは正午から午前0時までで、チェックインから24時間滞在できる。シャンパン「モエ・エ・シャンドン」のハーフボトル、「TWG tea」の紅茶、ホテルオリジナルフィナンシェ、タイのナチュラルスキンケアブランド「THANN」のバスアメニティー5種が付いている。販売期間は3月2日から6月27日まで、宿泊期間は3月16日から6月30日までの月曜から木曜。6月2日と祝日は除外日となる。料金は1室75,000円から。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタル・ホテル、「ハーバースイート」18室を全面改装 270度の大パノラマ