MIATモンゴル航空

MIATモンゴル航空は、東京/成田〜ウランバートル線の運休期間を4月30日まで延長する。

モンゴルの国家非常事態特別委員会で、政府は新型コロナウイルス感染症対策のため、日本発着便の一時欠航措置が決まったことから、2月28日から運休している。

MIATモンゴル航空は、東京/成田〜ウランバートル線を、月・水・金・土曜の週4便、ボーイング737型機で運航している。この他に、韓国、ロシア、中国路線の運航も停止している。

■ダイヤ

OM502 東京/成田(15:30)〜ウランバートル(20:25)/月・水・金・土

OM501 ウランバートル(08:55)〜東京/成田(14:30)/月・水・金・土

■関連記事 日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月20日午前7時時点)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月19日午後10時現在) 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「MIATモンゴル航空、東京/成田〜ウランバートル線の欠航期間延長 4月30日まで