HIS(エイチ・アイ・エス)は、新型コロナウイルスに伴うキャンセルなどの特別対応を実施している。3月17日午後2時時点では、次の通り。

海外航空券、航空券+ホテル(手配旅行)

航空会社ホームページで取消料免除の案内がされている場合、または日本出発前に1区間でも欠航・運休が確定している場合、航空会社取消料・取消手続料金を免除の上キャンセル・払戻が可能。「マイページ」で手続きができる。

予約時に支払った取扱料金は返金されない。「キャンセルサポート」はすでに保険の補償の効力を開始しており、返金されない。ホテル・オプショナルツアーの取消料は原則規定通り。

取消期限は、3月24日または出発の3日前まで。3月31日までは、月曜日午前10時から土休祝日午後5時までの間に限り、出発の前日まで受け付ける。

パッケージツアー、航空券+ホテル(募集型企画旅行)

以下の催行中止したツアーまたは、顧客が契約解除を行える「解除権」に該当するツアーは、取消料を収受せずに、キャンセル・払戻が可能。オプショナルツアーは原則規定通りの取扱となる。括弧内は対象の日本出発日。

■催行中止

・韓国乗り継ぎのベトナム行き(3月19日まで)

・マレーシア行き(3月31日まで)

・カナダ行き(4月6日まで)

・欧州シェンゲン協定地域滞在(4月6日まで)

・オーストラリア・ニュージーランド・アラブ首長国連邦・モロッコ滞在(4月6日まで)

・マニラ行き(4月13日まで)

・マニラからフィリピン国内線を利用するツアー(4月14日まで)

・中国本土・香港・マカオ・インド・韓国・シンガポール・セブ島行き(4月15日まで)

・イタリア・クロアチア・マルタ・スペイン滞在(4月26日まで)

・ウラジオストク行き(5月10日まで)

・ウラジオストク以外のロシア行き(5月31日まで)

・グアム行き(3月19日から3月31日まで)

・エジプト行き(3月19日から4月26日まで)

・ダイヤモンド・プリンセスを利用(4月29日から5月6日まで)

■解除権(ツアーは催行するが、取消料免除でキャンセル可能)

・グアム行き(3月17日・18日)

・中国本土・香港・マカオ・韓国乗り継ぎの第3国行き(3月31日まで)

海外ホテル・海外オプショナルツアー

原則規定通り。ホテルの閉鎖や組み込みの観光地が訪問不可なツアーはこの限りではない。

HISキャンセルサポート(海外旅行保険)の取扱

HISキャンセルサポートでは、「渡航先に対する日本国政府、在外公館による退避勧告または渡航中止勧告の発出」された場合、保険金を支払う補償の対象だが、勧告の発出日の前日までに、キャンセルサポートの加入が必要。中国本土・香港・マカオが渡航先・経由地の場合は、1月23日以前に加入した場合、韓国が渡航先・経由地の場合、2月29日以前に加入し3月1日以降にキャンセルした場合が補償対象と案内している。

国内ツアー(HIS主催)

JAL、ANA、スカイマーク、エア・ドゥ、ソラシドエア、スターフライヤー利用の全方面のツアーは4月5日出発まで、春秋航空日本(Spring)利用の全方面のツアーは3月9日までの発券分かつ3月28日出発まで、取消料免除で全解約・払戻を実施する。旅行開始前・出発前の手続きが対象。なお、特別取扱実施前の取り消しは対象外。

ハウステンボスツアーは、3月15日出発分まで取消料免除で全解約・払戻を実施した。3月16日以降一部営業を再開しているため、取扱は申し込んだ店舗に確認する必要がある。

バスツアー(HIS企画実施)

3月19日までのバスツアーを中止した。3月20日以降はツアー実施を予定している。イベントや見学施設などの中止により一部ツアーを中止する。該当するツアーの顧客には、メールで連絡している。

■関連記事 日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月16日午前6時時点) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月15日午後10時現在) 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「HIS、新型コロナウイルスでキャンセル対応 GWのツアーも一部中止決める