セブパシフィック航空

セブパシフィック航空と傘下のセブゴーは、全便の運航を3月19日から4月14日まで休止する。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ルソン島や各州の閉鎖などのほか、厳重な検疫、陸路の移動制限などを受けたもの。

国際線の最終運航日は3月18日で、最終日には、バンコク・東京/成田・大阪/関西・名古屋/中部・ホーチミン・シンガポール・台北/桃園・デンパサールとマニラを結ぶ8路線のみを運航する。

セブパシフィック航空は、マニラ国際空港当局と協力し、国内にとどまる外国人の帰国をサポートする。3月19日から4月14日までは、フィリピン国内のチケットオフィスも休業する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「セブパシフィック航空、全便の運航停止 3月19日から4月14日まで