ニュージーランド航空は、食べられるコーヒーカップを試験導入した。

一部の機内と空港ラウンジで、twiice(トゥワイス)が製造した、バニラ味のカップでコーヒーを提供する。デザートボウルとしても使用している。

ニュージーランド航空では、1年間に800万杯のコーヒーを提供している。現在のカップは、紙ととうもろこしで作られた、土に還る植物由来の素材で作られているものの、最終的には埋立地に持ち込まないようにすることを目標にしているという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、「食べられるコーヒーカップ」を試験導入