日本航空(JAL)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)は、連携協定の覚書を締結した。JALとして初めて、海外大学との広範な協力関係を構築することとなる。

(1)教育や研究における学生、教職員との交流、および学術的な協力、(2)共同研究プログラムやコラボレーション活動の積極的な推進、(3)その他、双方が合意する取り組みへの協力の3点で連携、協力する。

現時点では、UCLAの研究者・学生による日本調査・研修への支援を通じて日米交流活動や地域社会の活性化への貢献、日本の災害被災地復興と防災の取り組みや海外への発信などの活動を見込んでいる。

既に、JAL Engineering USAが、UCLAの日本研究拠点であるUCLA TERASAKI CENTER FOR JAPANESE STUDIESとともに、学生への研修機会の提供や人財育成、社会貢献活動に取り組んでいる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、UCLAと連携協定 日米交流や被災地復興などの活動予定