大阪メトロは、顔認証を用いた次世代改札機の導入に向けた実証実験を、12月10日から社員を対象に実施する。

2024年度から全駅で顔認証によるチケットレス改札の導入を目指しており、実用化に向けた課題抽出や検討基礎データを取得する。

設置場所は、長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅の南改札口、中央線森ノ宮駅の東改札口、堺筋線動物園前駅の北改札口、御堂筋線大国町駅の北改札口で、別途実験用改札機を導入する。導入するのは、オムロンソーシアルソリューションズ、高見沢サイバネティックス、東芝インフラシステムズ、日本信号の4社が製造した改札機で、各駅で異なる機械を設置する。設置期間は2020年9月30日まで。

改札機に備えつけたカメラで顔を捉え、事前登録した顔写真データと照合・承認することで、改札ゲートを開閉するものと、改札機に備えつけたリーダーでQRコードを読み取り、事前登録した社員データと照合・承認により改札ゲートを開閉する2つの内容で実証実験を実施する。

情報提供元:Traicy
記事名:「大阪メトロ、顔認証の次世代改札機導入に向けて実証実験 社員対象に12月10日から