鶴見川多目的遊水地

国土交通省関東地方整備局は、鶴見川多目的遊水地に鶴見川の水を引き込む作業を実施した。

10月12日午前8時50分頃、鶴見川多目的遊水地に河川水の流入を開始し、約64,000平方メートルの水を貯留したとしている。

鶴見川多目的遊水地には、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)があるが、河川水が遊水地内に流入しても浸水しないピロティ方式(高床式)が採用されている。同所を管理する横浜市体育協会によれば、レストハウスや駐車場などを含む、公園1階部分への立ち入りや施設の利用ができなくなっている。

横浜国際総合競技場(日産スタジアム)では、13日に、ラグビーワールドカップの日本対スコットランドの試合が予定されている。今後の状況によっては、影響が懸念される。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「鶴見川多目的遊水地、河川水流入開始 日産スタジアムは1階が利用不可、ラグビーワールドカップへの影響懸念