台風19号は、非常に強い勢力を保ったまま、10月12日夕方から夜にかけて東海・関東地方に上陸する見込みだ。

気象庁によれば、大型で非常に強い台風19号は、12日夕方から夜にかけて東海地方または関東地方に上陸する見込み。東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなり、東日本では記録的な暴風や大雨のおそれがある。

11日午後6時には八丈島の南南西の海上にあって、1時間におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

台風は、次第に進路を北北東に変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日夕方から夜にかけて、東海地方または関東地方に上陸し、速度を速めながら東日本から東北地方を北東に進む見込み。その後、北海道の南東海上で温帯低気圧に変わる見込みだ。

東日本から西日本の太平洋側の海上では、これから非常に強い風が吹くとしている。12日には、北日本から西日本にかけての広い範囲で非常に強い風や猛烈な風が吹き、台風が接近・上陸する東海地方から関東地方を中心に記録的な暴風が吹く模様だ。東海地方や関東甲信地方では、12日にかけて最大瞬間風速60メートルの猛烈な風が予想され、13日も、北日本から東日本にかけて猛烈な風や非常に強い風が吹いて、猛烈なしけや大しけとなるおそれがある。

台風本体や周辺の発達した雨雲の影響で、西日本から東北地方の広い範囲で雷を伴った猛烈な雨や非常に激しい雨が降る見込みで、東日本を中心に総雨量が多くなって、記録的な大雨となるおそれがある。関東地方と東海地方では1958年に死者・行方不明者1,200名あまりを出した狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となるおそれがある。

12日午後6時までの24時間に予想される雨量は、東海地方で800ミリ、関東甲信地方で500ミリなどとなっており、特別警報発令の可能性がある。

気象庁は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、竜巻などの激しい突風や落雷に注意するよう呼びかけている。

情報提供元:Traicy
記事名:「台風19号、非常に強い勢力を保って上陸へ 交通にも大きな影響