JAL、アマデウス

日本航空(JAL)とアマデウスは、戦略的パートナーシップを締結する。

国内の航空会社に対し、国際線予約時に、アマデウスのGDSシステム「Amadeus Selling Platform Connect(アマデウス セリング プラットフォーム コネクト)の利用を推奨する。JALが利用している旅客サービスシステム「Amadeus Altéa(アマデウス アルテア)」とリアルタイムで正確かつ効率的に予約情報が共有されるという。

JALは、現在の推奨GDSシステム「AXESS」を提供している、完全子会社のアクセス国際ネットワークの営業を終了する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとアマデウス、戦略的パートナーシップ締結 推奨GDSを「セルコネクト」に