中国民用航空局(CAAC)は、春秋航空による広島〜成都線の新規開設申請を、8月6日付けで許可したと、9月17日、発表した。

春秋航空の広島への乗り入れは初めて。グループの春秋航空日本が、東京/成田〜広島線を運航しており、首都圏への乗り継ぎもできる。週3便運航することを計画している。

この他に、中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、上海航空、海南航空、吉祥航空、深セン航空、昆明航空も日本路線の新規開設や増便を許可されている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「春秋航空、広島〜成都線を開設へ 中国当局が許可