外務省海外安全ホームページ

在サウジアラビア日本国大使館によると、サウジアラビア・ジッダのショッピングモールで女性を撮影したアラブ系外国人に対し、ジッダの裁判所が10日の禁固刑判決を下したとして、注意を呼びかけている。

女性は撮影を許可していたものの、撮影状況を見ていた家族の訴えによって事件化された模様だという。サウジアラビアでは、女性や治安関係施設などを撮影したことにより、刑務所に収監され、服役後に国外強制退去となる事例が見受けられるとしており、公共の場で撮影を行う際には、不用意に女性が被写体とならないように注意するよう求めている。

情報提供元:Traicy
記事名:「サウジアラビア、女性を撮影した外国人に禁固刑 現地日本大使館が注意喚起