国土交通省は、関西高速鉄道とJR西日本、南海電気鉄道から申請されていた、なにわ筋線の鉄道事業許可申請を、7月10日付けで許可することを明らかにした。

同日午前11時から近畿運輸局で、八木一夫近畿運輸局長が、関西高速鉄道の岡﨑安志代表取締役社長、JR西日本の緒方文人代表取締役副社長、南海電気鉄道の金森哲朗代表取締役専務執行役員に許可状を交付する。

なにわ筋線は、北梅田~JR難波・南海新今宮駅間を結ぶ、大阪市を南北に縦貫する路線。途中駅は中之島駅、西本町駅、新難波駅の3駅。関西国際空港と梅田が直結し、新大阪と大阪南部地域とのアクセス性の改善、大阪の南北都市軸の強化(中之島、うめきた等の拠点性向上)、大阪北部地域と大阪南部地域の相互交流の促進などが見込まれている。概算事業費は約3,300億円を見込む。開業目標は2031年春。

情報提供元:Traicy
記事名:「なにわ筋線、あす鉄道事業許可へ 2031年春にも開業へ