キャセイパシフィック航空は7月4日、日本就航60周年を記念した式典を羽田空港の141番ゲートで開催した。

1959年の就航当時からの7種類の歴代制服を着用した客室乗務員が搭乗し、飛行機が乗ったケーキをカットして60周年を祝った。東京/羽田発香港行きCX549便の乗客には記念品をプレゼントした。

チャーリー・スチュワートコックス北東アジア地区総支配人は、「60年前の今日7月4日、初めて乗り入れたここ羽田空港で、本日日本就航60周年という記念すべき日を皆様と一緒に祝うことができることを、大変光栄に思います。ここ日本で60年という長い歴史を刻むことが出来たのは、ひとえに皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。また、60年という年月を日本市場で刻んできたという事実は、私どもがいかに日本市場を重視してきたかの表れであり、非常に誇らしく思っております。これからも、キャセイパシフィックは日本市場への取り組みを一層強化していく所存でございます」と述べた。

キャセイパシフィック航空は、1959年7月4日に東京/羽田〜香港線に、DC6B型機で週2便を乗り入れた。キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は現在、札幌/千歳・東京/羽田・東京/成田・名古屋/中部・小松・大阪/関西・福岡・沖縄/那覇の日本の7都市8空港と香港を結ぶ便を1日20便以上運航している。

「60」にちなんだ特別運賃を、7月10日までの限定で販売する。日本各地から香港へ、エコノミークラスは3名で6万円から、ビジネスクラスは2名以上の予約で1名6万円、東南アジアへエコノミークラス2名で6万円、ヨーロッパへビジネスクラス2名で60万円、オセアニアへビジネスクラス3名で60万円。いずれも往復運賃で、燃油サーチャージと諸税は別途必要となる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイパシフィック航空、日本就航60周年 歴代制服着たCAが華を添える