エアアジアは、スカイトラックスから11年連続で「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」を受賞した。

授賞式には、エアアジアXのタン・スリ・ラフィダ・アジズ会長、エアアジアXグループのナダ・ブラナシリ最高経営責任者(CEO)のほか、世界各国のグループ会社の客室乗務員11人が参加した。

また、地域ごとに優秀LCCに贈られる「アジア・ベスト・ローコスト・エアライン(Asia’s Best Low-Cost Airline)」のほか、グループのエアアジアXは、LCCの上級クラスが優秀な航空会社に贈られる「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン・プレミアム・キャビン(World’s Best Low-Cost Airline Premium Cabin)」も9年連続で受賞した。

2018年9月から今年5月まで、300社以上の航空会社を対象に、100カ国の2,100万5,000人を対象とした調査により決定された。

エアアジアでは受賞を祝し、開催中のBIGセールを、6月24日午前1時まで延長して開催する。

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア、11年連続で「世界最優秀LCC」に スカイトラックス発表