JR北海道とJR東日本は、青函トンネルを含む青函共用走行区間の保守工事に伴い、6月9日から7月28日までの毎週日曜に北海道新幹線の一部列車を運休する。

東京を午後7時20分に出発する「はやぶさ37号」は、新青森〜新函館北斗駅間を運休し、新青森駅止まりとなる。新函館北斗駅を午後9時57分に出発する「はやて100号」は運休する。

1本約1,500メートルの長さのトロリ線などの架線は、一晩の間に取り替える必要があり、保守基地から作業地点までの往復時間を含めると、連続した6時間程度を要するという。保守作業にかかる時間を大幅に拡大することにより、より確実な作業を実施する。

青函トンネルには、30年間使用してきたたトロリ線、補助吊架線、吊架線が合計約250本あり、総延長約380キロに及ぶという。2020年度以降も、新幹線を計画的に運休し、順次取り替えを進めていくという。

情報提供元:Traicy
記事名:「北海道新幹線、青函トンネルなどの補修工事で毎週日曜に一部列車運休 6月から7月にかけて