ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」

インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は、「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」を8月1日にオープンする。大分県初の外資系ラグジュアリーブランドホテルとなる。

客室数は89室で、広さは62平米から212平米。うち21室がスイートとクラブルームで、客室テラスにはプライベート露天風呂も設置し、クラブインターコンチネンタルラウンジも利用できる。

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」

露天風呂や大浴場、家族風呂、スパトリートメント、通年で利用できるインフィニティプールなどでリフレッシュできる。オールデイダイニング「エレメンツ」、世界の食トレンドの最先端が楽しめる「アトリエ」、ジャパニーズウィスキーと日本酒などを提供する「バー」など、5軒の料飲施設も設ける。会議やプライベートダイニングとして利用できるファンクションルーム「ザ・ギャラリー」も備える。

アクセスは、別府インターチェンジから約7分。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」、8月1日オープン 全89室、客室露天風呂も