日本航空(JAL)は、5月16日より、ダラス・フォートワース国際空港の利用ラウンジを、アメリカン航空の「Flagship Lounge」と「Admirals Club Lounge」に変更する。これまでは「AIRLINE CLUBS」を案内していた。

「Flagship Lounge」は、ゲート21と22の間に位置。約400席を有しており、TOTO製のウォシュレットを完備する。利用対象は、ビジネスクラス利用者とJALマイレージバンク会員のダイヤモンド・サファイア会員、JALグローバルクラブ会員、ワンワールドエメラルド・サファイア会員。

「Admirals Club Lounge」は、ゲート23と24の間に位置。約200席を配置する。利用対象は、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスのFlex Y運賃利用者。

両ラウンジともに、Wi-Fiやシャワーを備える。営業時間は午前5時から午後10時15分まで。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、ダラス・フォートワース国際空港のラウンジ変更 アメリカン航空運営ラウンジに