キャセイパシフィック航空(エアバスA350-1000型機)

キャセイパシフィック航空は、機内で提供するカトラリーやワイングラス、シャンパンなどを持ち帰っている、客室乗務員の懲戒処分を検討していることがわかった。

サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、これらは「長い間非公式の特典として扱われてきた」といい、最も人気のあるものは、機内で提供しているハーゲンダッツの小さなカップだといい、自宅の冷蔵庫に保管していることが知られているという。規則では、飛行機から飲食物の持ち出しは禁止されているものの、未開封のアルコールなどの例外もあるという。

キャセイパシフィック航空では、従業員に対して降機時に持ち物検査を行うとして警告していた。ペンやナッツなどの少額のものも含めて例外なく、懲戒処分に対象となるという。

キャセイパシフィック航空の2018年度の決算は、約333億円の黒字を計上し、苦しんでいた赤字からようやく脱出した。格安航空会社(LCC)などとの競争や、燃油の高騰、為替変動などの要因による不安定要素もあり、コストの削減に取り組んでいる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイ、機内備品などを持ち帰る客室乗務員の処分検討 一番人気はハーゲンダッツ