ヒルトン東京

ヒルトン東京は、37階のエグゼクティブラウンジの改修・拡張工事とエグゼクティブルーム41室の改修を完了し、4月27日にリニューアルオープンした。

高層ビル群や新宿中央公園などを望めるエグゼクティブラウンジは、エグゼクティブルームとスイートルーム宿泊者などが利用できる。チェックインやチェックアウト、朝食、アフタヌーンティー、プレディナーカクテルを提供する。広さはこれまでの約1.5倍となる、405平方メートルに拡大し、座席数は143室となった。Skyscraperゾーン、Nature&Parkゾーン、Livingゾーンの3つのゾーンに分けられ、ゆったりくつろげるテーブル席や一人用座席などを備える。

朝食時にはフレッシュスクイーズ・オレンジジュースマシンやエッグカウンターも設け、プレディナーカクテルタイムにはワインをセルフで楽しめるサーバー「エノマティック」やビールサーバーも利用できる。セミプライベートルームも2ヶ所完備し、ビジネスミーティングなどでも利用できる。

エグゼクティブルームとスイートの41室を改修し、17室はバスタブを取り除いたスライドドアの大型シャワールームを設けた部屋となる。客室数は4室増加した825室となった。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ヒルトン東京、エグゼクティブラウンジを拡張 エグゼクティブルーム41室の改修も