近畿日本鉄道は、「名古屋から甲子園まで直通 近鉄特急車両で行く 甲子園 プロ野球観戦ツアー」を発売している。

名古屋地区から甲子園に乗り換え無しの貸切列車(近鉄特急車両使用)で向かう。いずれの設定日も、特急列車の発時刻は近鉄名古屋駅が午前8時37分発、桑名駅が午前8時57分発、近鉄四日市駅が午前9時8分発、白子駅が午前9時20分発、津駅が午前9時31分発、榊原温泉口駅が午前9時49分発。甲子園駅には午前11時47分に到着する。阪神甲子園球場にて午後2時開始のプロ野球の試合を観戦後、復路は大阪難波駅のりかえで、甲子園駅から発駅に戻る。

設定日は5月18日(阪神タイガーズ対広島東洋カープ戦)、6月8日(同対日本ハムファイターズ戦)、6月22日(同対西武ライオンズ戦)。旅行代金には往復の鉄道運賃・料金、甲子園球場入場券代(諸税など含む)が含まれる。各設定日とも1塁側又は3塁側アルプス指定席の利用となる。

主要駅からの旅行代金は、近鉄名古屋駅からが11,400円、津駅からが9,150円。こども料金・他駅からの料金も設定する。各設定日とも1塁側100席・3塁側50席の設定(最少催行人員は50名)。問い合わせ・申し込みは、近鉄名古屋・近鉄蟹江・桑名・近鉄四日市・白子・津・伊勢中川・宇治山田・鳥羽の近鉄駅営業所で受け付ける。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「近鉄、名古屋発着のプロ野球観戦ツアーを発売 甲子園まで近鉄特急で直通