キャセイパシフィック航空は、東京/成田〜香港線を週1便増便する。

4月4日から5月2日までと7月4日から10月24日までの間、木曜の週1便を増便する。機材はビジネスクラス39席、エコノミークラス223席の計262席を配置した、エアバスA330-300型機を使用する。

キャセイパシフィック航空は、東京/成田〜香港線を1日5便を直行便、1日1便を台北/桃園経由で運航しており、増便期間中は週43便体制となる。今夏スケジュールでは、札幌/千歳〜香港線を5月と6月に増便して1日1便、7月と8月はさらに週3便を増便して週10便を運航する。4月3日から10月26日までは、小松〜香港線を週2便の季節運航で就航する。

キャセイパシフィック航空の重村長門日本支社旅客営業部統括部長のは、「成田〜香港線は、2018年10月28日からの冬期スケジュールでノンストップ便を1便増便し、毎日5便のノンストップ便を運航しております。今回の増便により、レジャーおよびビジネス目的のお客様に、さらに多くのフライトの選択肢をご提供できることを大変うれしく思います」とコメントしている。

■ダイヤ

CX517 東京/成田(13:25)〜香港(17:30)/木

CX508 香港(07:00)〜東京/成田(12:15)/木

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイパシフィック航空、東京/成田〜香港線を増便