日本電気(NEC)は、財務省税関から空港の税関検査場で利用される電子申告ゲートを受注したと発表した。2019年4月以降に、成田国際空港第3ターミナルで実証実験を開始する。

入国者による携帯品・別送品申告書の作成の簡易化やスピーディな申告・通関手続きを目的として、入国審査後の税関検査に利用される。パスポートのICチップや電子申告端末で撮影した画像、出口ゲートで撮影した画像を用いて、顔認証技術を活用した本人確認を行うほか、スマートフォンアプリを用いた電子申告により、申告・通関手続きの迅速化を図る。

これらの取り組みにより、税関検査場の混雑緩和と旅客の待ち時間短縮が実現できるという。

情報提供元:Traicy
記事名:「空港の税関検査に電子申告ゲート、来年4月以降に成田空港T3で実証実験