大韓航空は、韓国とカナダを結ぶ路線の開設から30周年を迎えた。11月2日には、バンクーバーとトロントで記念イベントを開催した。

両空港の搭乗口で記念品としてチョコレートを、30番目の乗客にはエコノミークラスの往復航空券をプレゼントした。

大韓航空は1988年11月2日に、ソウル/仁川〜バンクーバー〜トロント線を週2便で開設。当時はDC-10型機を使用していた。1995年には両路線を直行便化している。現在はバンクーバーへ毎日1便、トロントへ夏スケジュール期間中は毎日、冬スケジュール期間中は週5便をボーイング787-9型機で運航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大韓航空、カナダ就航30周年 カナダ2空港で記念イベント開催