エミレーツ航空(ボーイング777-300ER)

エミレーツ航空は、ドバイ〜リヤド線を1日4便体制に9月1日より増便した。

増便となるフライトは3クラス制のボーイング777-300ER型機で運航する。午後遅い時間にドバイ、リヤドを出発するフライトとなり、これまでの朝と夕方の既存便を補完することになる。これにより、リヤドへ週28便、サウジアラビアへはダンマーム、マディーナを合わせた3都市へ週91便を運航することになる。

リヤドはサウジアラビアの首都。サウジアラビアからドバイへの旅行需要は強く、2017年には150万人以上が訪れたとしている。サウジアラビアはアラブ首長国連邦(UAE)の最大の貿易相手国でもある。

■ダイヤ

EK813 ドバイ(15:00)〜リヤド(15:50)

EK814 リヤド(17:50)〜ドバイ(20:40)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エミレーツ航空、ドバイ〜リヤド線増便 1日4便体制に