8月23日に羽田空港の格納庫で開催された、日本航空(JAL)「Fly for it」の記者発表会に登壇した、嵐の櫻井翔さん、赤坂祐二社長のトークショー全文。

ーきょうは暑い中ありがとうございます。さて、先程嵐の皆さんが出演している「Fly for it」のCMを拝見しましたが、こちらのCM撮影いかがでしたか。

櫻井「そうですね、撮影そのものは順調ではあったんですけれども、まあきょうよりもうちょっと暑いくらいでしたかね、の日だったんですけれども、僕の撮影するシーンがちょうど屋上が最初だったんですね。向かいが学校、おそらく高校なんですけども、向かいに学校がありまして、ちょうどみんな部活をやってる時間でした。向かいに屋上のプールがあって、生徒たちがみんな一斉に手を振るんですよ、屋上に向けて。わーって手を振るから、わーって手を振り返したら「誰ですかー」。誰にあの人手を振ってるんだろうと。」

ー櫻井さんという認識がなく子どもたちが手を振っていたと。

櫻井「大変そうでしたね。下にはサッカー部の子たち、水泳部の子たち、本当に暑い中部活やっているちょうど真向かいで撮影していた感じでしたね。」

ー本当に暑い日にこれは撮影されたということなんですよね。

櫻井「そうですね。」

ー汗だくで脱水症状になったんじゃないんですか?

櫻井「いやいや、僕たちはそんなに長い時間屋上にいたわけではないんですけれど、ずっといたスタッフの皆さんは大変だったかとは思う。5人で声揃えるシーンとか、僕たちすぐ揃うんで大丈夫ですよーって言っていたんですけれども、ちょっと暑いのもあって中々声が揃わず、どうでしょう、3〜4テイクくらい重ねたかもしれませんね。」

ー練習して本番に臨んだという感じですか。

櫻井「はい。」

ー本当に暑い中、お疲れ様でした。

櫻井「ありがとうございます。」

ーCMのみなさんの表情からはそういった苦労が全く感じられないくらい、さわやかなCMに仕上がっていると思います。

櫻井「ありがとうございます。」

ーそして先程流れていたCMには、今回のために書き下ろされた嵐の皆さんの新曲が使用されるとのことで、今まで歌声がはいっていないんですが、テレビでオンエアーされるときには、嵐のみなさんの歌声が入るということなんです。そして曲名が「Sky Again」ということですが、この曲にも「Fly for it」の想いが込められているんでしょうか。

櫻井「実際に歌詞でもFly for itというのもありますし、テイクオフとか、本当に曲聞いていて、こういう離発着の音が感じられるような、空を感じられるような曲ですね。広いスケールの曲となっています。」

ー大きなイメージの曲ということですね。歌声の入った、曲が入った9月のCM、オンエアーを楽しみにしたいと思います。

櫻井「ありがとうございます。」

ーさて、2020年まで残すところ2年と迫って参りまして、CMでも”2020はみんなにとってチャンス”、そして”新たな何を始める?”というシーンがありましたけれど、櫻井さんは2020年までに新しく始めたいことってありますか。

櫻井「時間をかけてゆっくりやっていきたいと思っているんですけれど、今自分たちの番組の企画で朝活というのをやっていまして、夜型人間の櫻井を朝型に変えようという企画をやっているんですね。朝早くに例えば山の上で綺麗な景色とともにパンを食べたりとか、日が昇るとともに富士山みながら温泉に入ったりとか。そういうことをやっているんですけれども、あと2年ほどあるので、ゆっくりゆっくり朝型人間に番組の力を借りて変えていこうかなと思っています。」

ー実際に山に登ったりもされたんですか。

櫻井「そうですね。登山というほど大変なものではないんですけれど、山頂でパンをつくってごはんを食べたりとか。ちょうどニュースZEROに出させてもらっているんですけれど、それが終わった夜12時くらいから出発して、朝を迎えるというので、まあ簡単に言うと徹夜なんです。」

ーそうですよね、早起きどころの話ではない。

櫻井「それは番組なんで、自分の生活として徐々に徐々に朝方に変えていけたらなと思っている。」

ー話を聞いているとさわやかな朝を迎える感じですね。

櫻井「そうなりたいなと思っています。」

ーぜひ2020年のオリンピックまでに朝活頑張っていただきたいと思います。

櫻井「ありがとうございます。」

ーさあ今度はオリンピック、パラリンピックについて伺いたいと思いますが、櫻井さんはこれまでに北京、バンクーバー、ロンドン、ソチ、リオ、そして前回の平昌と6大会のオリンピックに行かれたということなんですが、それぞれいろんな思い出があるかと思いますが、特に印象に残った大会はありますか。

櫻井「いずれの大会もテレビ局の皆さんに連れて行って頂いてるんですけれども、一番印象的なのは最初に連れて行ってもらった北京オリンピックですかね。特に印象的だったのは、北島康介選手の金メダルだったんですけれども、よくフレーズで”センターポールに日の丸を”なんて言いますけれども、実際に会場にいて、真ん中のセンターポールに日の丸が掲げられて、あれは強烈に印象に残っている景色ですね。当然オリンピックの会場というと、世界各国の方々が周りにずらっと応援しているわけですけれども、その中で北島選手の金メダルを、何というのかな、周りの方々が、北島選手もそうですけれど日本人である僕たちをおめでとうと言ってくれているような会場の雰囲気というのは強烈な印象が残っていますね。」

ーやはりその時の感動は忘れられない。

櫻井「忘れられないですね。」

ー初めて直にご覧になったオリンピックだったということですか。

櫻井「初めて直に観たオリンピック、初めて直で観た金メダルだったんですよね。」

ーそれは忘れられない思い出ですよね。ありがとうございます。ちなみにこれまで日本でのオリンピックは夏と冬合わせて3回開催されているんですが、それにちなんで、本日こういったご用意させていただきました。それではみなさん、ご登場ください。

(客室乗務員5名、JALの赤坂祐二社長が登壇)

ーステージにはCAの皆さんにご登場いただきました。制服の説明役として赤坂社長に再びご登場いただきます。赤坂社長、どうぞよろしくお願いいたします。さてCAのみなさんずらっと並んでいただきましたが、さっそく櫻井さんにちょっとクイズを出したいと思うのですが、準備よろしいですか。

櫻井「あ、はい。」

ー今現在のJALの制服、どれかわかりますか?5名いらっしゃいますが。

櫻井「一番奥の…。」

ー一番奥の方、ちょっと手を挙げてください。社長、これは正解ですか?

社長「正解です。」

櫻井「ここは外せないですよね。」

ー間違ったらどうしようか。

櫻井「ハラハラしていたので、良かったです。」

ーそれでは続いての問題です、1998年、長野オリンピックの時の制服はどれでしょうか。20年前です。

櫻井「いやー、98年ですか。」

ー98年が長野オリンピックです。

櫻井「高校2年生だったんです。高校2年生というと飛行機乗るのが多くなかったものですから。」

ーちょっと今言い訳してますか?

櫻井「えー、真ん中の制服は…見たことがある気がしてるんですが、もっと古いと思うんですね。一番手前の方、98年、長野オリンピックお願いします。」

ー一番手前の方

社長「えーと、不正解です。」

ー残念でした。どちらの方が正解でしょうか。手を挙げてください。 ーこちらが8代目の制服で、スチュワーデスがフライトアテンダントに変わったときの制服ということですが。

社長「ちょうど98年ですから、嵐のみなさんのデビューの1年前。とても忙しい中だったと思いますが、船木・原田の大会ですね。」

ーちょっと残念でしたたが、まだありますからね、次も挑戦してくださいね。もっと難しくなります。1972年、46年前の札幌オリンピックの時の制服はどれでしょうか。

櫻井「72年とおっしゃいました?生まれてないからなぁ…。」

ーそうですよね。

櫻井「クイズのセオリーで攻めますよ、奥の方、手前の方ときたら、本来3番目ですけど、そうもいかないと思いますので、一番手前の方。」

ーどうですか社長、これは。

社長「残念…。」

ー手を挙げてください。こちらが札幌オリンピックの時の制服で、ミニスカートも特徴的なんですが、スカーフが初めて導入された制服となります。

櫻井「スカーフは72年からなんですか。それ以降はスカーフ着けてらっしゃった。それ以降かはわからないのか。」

ーヒントになっちゃったかもしれませんね。残りは東京オリンピック、54年前、64年の制服のはずですが、社長2つ残っていますね。これオリンピックと関係ない制服が入っているようですが。

社長「私が入社した時の頃の、1987年。」

ー1987年ですね。そちらの制服はどちらだと思いますか、櫻井さん。

櫻井「いや、もうわかんない。」

ーさっき観たことがあるなとおっしゃっていた制服です。

櫻井「本当ですか。真ん中の制服ですね、ドラマで。先日、松任谷由実さんが番組に来ていただいた時にこの制服がすごくお好きだとおっしゃっていて。すごい印象的に覚えています。」

ーそれが社長が入社した時の思い出の制服ですね。ということで、残った制服が東京オリンピック、54年前の制服ということで、社長、ご紹介頂いてよろしいですか。

社長「私も2歳でしたので、ほとんど記憶がございませんが、今見てもなんとなくかっこいいなと思いますよね。」

ーこれはビートルズが来日した時もこちらの制服だったということですよね。

櫻井「これはそもそも64年、東京オリンピック仕様というか、オリンピックのためのデザインということなんですか?」

社長「特にそういうことではなかったと聞いています。たまたまその時にオリンピックがあった。」

櫻井「やっぱり印象的というか、かっこいい制服ですね。」

ースマートな感じですよね。

社長「真ん中のこれが印象に残っていますね。当時は同期の客室乗務員の皆さん、この制服にあこがれて入社したという話が非常に多かったですね。」

ーテレビの影響もあったのかもしれませんね。素敵な制服が並んでいますが。

櫻井「これでも、例えば2020年に向けて、オリンピック用ではないですけれど、2020年に向けての制服があったらまたいいですよね。かっこいいデザイン。」

社長「どうしましょうかね。」

櫻井「そうしません?」

社長「櫻井さんにそう言われると、お断りをすると嵐のファンの方に言われるからね。ぜひ検討したいですね。」

櫻井「それはすごいですね。」

ーそれは何か制服を新しくする計画もあるということですか?

社長「そうですね。これから考えていくものですけれども、ぜひ東京オリンピックに合わせて、何か社員で一つ大きなシンボルを作りたいと思っていますので、制服を変えるというのはいいアイデアですね。」

櫻井「本当ですか、それ実現したら相当うれしいですけれども。」

ー例えば何か選定過程に関わっていくというのは、一般のみなさんとしては何かあるんですかね。

社長「そうですね。いままでそういうことをやったことないんです。ぜひオリンピックということで、みんなで盛り上げるためにも、何かみんなで制服のアイデアを出していただく、そんなことも面白いなと思います。」

ーそれはいま考えていらっしゃるということ。

社長「そうですね、いま考えました。」

櫻井「すごいですね。過去にデザインは当然一般の方が参加する、なかったでしょうし、なにより僕としては一番奥にいらっしゃる方の制服、馴染みある、制服が変わる、新しくなる。みなさん、一般の方がデザインに参加できるとなったら、飛行機乗られる方、世界から来られる方もすごい身近に感じますし、うれしいですよね。」

ーすごいですよね。制服新しくされるというアイデアは、キャビンアテンダントの方のみということですか。

社長「いつもそうなんですけれども、制服を変えるというのは、客室だけではなく、パイロットあるいは地上のスタッフ、整備士とか空港のスタッフですね。みんなで変えるというのがだいたいいつものやり方ですので、変えるならやはり全部変える、こういう事になるんだと思いますけれどね。」

櫻井「実際に本当に飛行機に乗るとなって、空港に足を運んだときに我々が目にするみなさんの景色が代わってくるということですよね。」

社長「そういうことですよね、それはまた面白いですね」

櫻井「言ってみるもんですね。」

ーすごく楽しみですよね。

櫻井「参加できるということですね。一般の方もデザインに参加できる、可能性もあるということですよね。」

社長「やり方を考えたいと思います」

ーデザイン自体にということですか

社長「制服全部というと大変そうですけれども、一番考えやすいとすれば、例えば先程ご紹介あったスカーフというのはね。」

ースカーフのデザインを。

社長「一般の人に、こういうやり方なんかはいいと思います。」

ースカーフのデザインだそうですけれど、櫻井さんどうですか?

櫻井「もうそれはどこがというより、目にする場所に参加できるとなると、参加する人達のモチベーションにもなりますしね。うれしいですよね。」

ー2020年に向けて、どんどんどんどん盛り上がっていくんじゃないかと思います。それでは赤坂社長、2020年に向けていかがですか。最後に。

社長「先程もちょっとお話しをしましたけれど、東京大会につきましてはオリンピック、パラリンピック、本当にスポーツの祭典でありますけれど、合わせて文化やテクノロジーの祭典でもありますし、東京大会はある限られた期間しかありませんけれど、ぜひ64年の大会と同じように、その後に続くようなそういう大会になれるように、なるような、そういうことを我々としてお手伝いできればと思います。JALグループ全社一丸となって、東京2020大会を盛り上げていきたいと思います。」

ー櫻井さんも一言、2020年にに向けてコメントをお願いします。

櫻井「まずJALさんということで申し上げますと、日本に着く前に、海外から一番最初に会う日本人というのはきっと客室乗務員の方でしょうから、印象的になることは本当にすごいことだなと思います。我々もデザインに参加できる、一般の皆さんもデザインに参加できるという意味では、2020年に向けて、アスリートのみなさんはもちろんですけれど、社長もおっしゃっている、日本全国、全国民で2020年これからおよそ2年ですか、盛り上げていきたいと思っています。とても新しい制服も楽しみですし、2020年も楽しみにしています。」

情報提供元:Traicy
記事名:「【全文書き起こし】嵐・櫻井翔さん、CM撮影の裏話披露 新曲「Sky Again」への想いも