シンガポール航空は、東京/成田〜シンガポール線にボーイング787-10型機を5月18日(東京/成田発は翌19日)から投入する。

投入するのは、東京/成田を午前11時10分に出発し、シンガポールに午後5時20分に到着するSQ637便と、シンガポールを午後11時55分に出発し、東京/成田に翌日の午前8時に到着するSQ638便。ボーイング777-300ER型機を置き換える。

シンガポール航空のボーイング787-10型機は、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席を配置している。5月3日からは、世界で初めての定期便として大阪/関西〜シンガポール線に1日1便を投入し、5月16日からは全便をボーイング787-10型機での運航に切り替える。

■ダイヤ

SQ637 東京/成田(11:10)〜シンガポール(17:20)

SQ638 シンガポール(23:55)〜東京/成田(08:00+1)

■関連記事 シンガポール航空、ボーイング787-10型機を公開 日本線全路線に年内投入へ 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、東京/成田〜シンガポール線に787-10投入 5月18日から