ニュージーランド航空、スカイカウチ

ニュージーランド航空は、エコノミークラス「スカイカウチ」の新機能を発表した。

「スカイカウチ」はエコノミークラス1列3席を平らなソファー状にして利用できるもので、これまではベルトサイン点灯中、大人が子供を膝の上に抱いている必要があっらものの、子供専用のハーネスとベルトを導入し、飛行中はいつでも寝そべったまま過ごすことができるようになる。専用のベビーベッドも導入する。また、「スカイカウチ」専用延長ベルトを改良し、子供2名でもベルトが使用できるようになった。

ニュージーランド航空、スカイカウチ

今後数ヶ月で、ボーイング777型機とボーイング787-9型機に順次導入し、ライセンス供与しているチャイナエアラインにも導入する見込み。

ニュージーランド航空カスタマー・エクスペリエンス・ジェネラル・マネージャーのアニタ・ホーソーン氏は、「エコノミー『スカイカウチ』は、エコノミークラスの概念を根本から変えるものであったことが証明されています。導入当初はカップルのお客様のご利用を想定していましたが、すぐにお子様連れのお客様に好適であることが分かりました。お子様が他のお客様を煩わすことなく、フラットなスペースで遊んでいる間、ご両親にもリラックスしていただけます。」とコメントしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、エコノミークラス「スカイカウチ」に新機能