フィンエアーは、エアバスA330型機とエアバスA350型機で、デジタル形式で各国の新聞の提供を開始した。

50紙以上に対応しており、機内エンターテインメントシステム「Nordic Sky」を通じて、PDF形式で配信する。乗客は自身のスマートフォンやタブレットなどの端末にダウンロードできる。機内Wi-Fiの利用料はかからず、利用料は無料となる。紙の新聞のように在庫切れがなく、顧客満足度は向上するとみている。

また、長距離線で紙の新聞の配布を中止する。ヨーロッパ線では、今年後半にWi-Fiが装備されるまでは紙の新聞を提供を継続する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「フィンエアー、長距離線で紙の新聞の配布終了 デジタル形式に移行