日本航空(JAL)は6月28日より、国際線での搭乗口での案内順を一部変更した。

車いす利用者や子供連れ、妊婦などが対象となる事前改札サービスの後に行われる優先搭乗は2段階に分けて機内へ案内する。

優先搭乗は最初に、ファーストクラス利用者、JALマイレージバンク(JMB)のダイヤモンド会員、JALグローバルクラブ(JGC)のプレミア会員、ワンワールドエメラルド会員を案内する。その後にビジネスクラス利用者、JMBサファイア・クリスタル会員、JGC会員、ワンワールドサファイア・ルビー会員を案内する。優先搭乗後には、後方座席の乗客、全ての乗客の順に案内する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、国際線搭乗口での案内順を変更 6月28日から