日本航空(JAL)と日本トランスオーシャン航空(JTA)は、国内線で提供している機内インターネットサービスを無料で提供する。これまでは期間限定で無料で提供していた。

JALでは2014年7月から機内で有料でのWi-Fiサービスを開始。ビデオプログラムは無料、インターネットへの接続は有料で提供している現在では、ボーイング777-300型機、ボーイング777-200型機、ボーイング767-300型機、ボーイング737-800型機の対応機材で、JALでは離陸約5分後から着陸5分前まで、JTAでは出発から到着までサービスが利用できる。

衛星を通じてサービスを提供しており、飛行エリアや時間帯によって接続が中断したり、不安定になることもある。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとJTA、国内線の機内インターネットをずっと無料に