ソラーレホテルズアンドリゾーツは、新ロードサイド型ホテル「ハタゴイン」を、12月に富士吉田インターチェンジ近く、2018年春に関西国際空港対岸のりんくうタウンに開業する。

「ハタゴイン」は、車での旅行、ビジネスに便利な高速道路や主要幹線道路沿いに位置する、日本の伝統的な旅籠の情緒性を融合させたホテル。コミックを中心に書籍を約10,000冊揃えたカフェ・ライブラリーや大浴場を設ける。車を利用した国内旅行客やビジネス客の利用を想定しており、両ホテルともに空港から近いことから、訪日旅行客の利用も見込む。

「ハタゴイン静岡吉田インター」は地上6階建てで、シングルルームを中心に110室を設ける。宿泊料金は1人6,000円から。アクセスは東名高速道路富士吉田インターチェンジから車で2分。「ハタゴイン関西空港」は地上6階建て、ツインルームを中心に100室を設ける。宿泊料金は1人8,000円から。アクセスは南海電鉄とJRのりんくうタウン駅から徒歩6分、阪神高速道路りんくうインターチェンジから車で2分。いずれもチェックインは午後3時から、チェックアウトは午前10時まで。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ソラーレ、新ロードサイド型ホテル「ハタゴイン」を富士吉田インターと関西国際空港近くに開業 1万冊を揃えたライブラリー設置