インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は、6月にスペイン・バルセロナに拠点を置く、新しい格安航空会社(LCC)、「LEVEL」の運航を開始すると発表した。

機材は、プレミアムエコノミークラス21席、エコノミークラス293席の計314席を配置した、エアバスA330型機となる。当初はイベリア航空の乗務員が運航し、イベリア航空の便名を付与する。バルセロナとロサンゼルス、オークランド、ブエノスアイレス、プンタカナを結ぶ路線を運航する。バルセロナ〜ロサンゼルス線は6月1日から週2便、バルセロナ〜オークランド線は6月2日から週3便、バルセロナ〜プンタカナ線は6月10日から週2便、バルセロナ〜ブエノスアイレス線は6月17日から週3便を運航する。今後、他のヨーロッパの都市からの路線も拡充する計画。

プレミアムエコノミークラスは、無料の受託手荷物、食事、座席指定が付帯している。エコノミークラスでは有料となる。機内インターネットサービスは8.99ユーロから利用できる。マイレージプログラム「Avios」の獲得や交換もできる。片道運賃は、ロサンゼルスとオークランド線は99ユーロから、ブエノスアイレスとプンタカナ線は149ユーロからとなり、すでに販売を開始している。

IAGは、エア・リンガス、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空、ブエリング航空の4社を傘下に置いており、LEVELは5番目の主要航空会社ブランドとなる。バルセロナはブエリング航空の拠点空港で、乗り継ぎも可能となる。IAGでは、「既存の航空会社のポートフォリオを補完し、現在の顧客基盤を多様化する。」としている。今後、250名程度にまで雇用を拡大する予定。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「IAG、バルセロナ拠点の長距離LCC設立 大西洋路線4路線を6月開設