シンガポール航空、シルクエアー、ビスタラの3社は、ビスタラが運航するインド国内線で3月14日から共同運航(コードシェア)を開始した。

ビスタラが運航する、ムンバイ・ニューデリーとインド国内10都市を結ぶ路線にはシンガポール航空の便名、ベンガルール・コルカタとインド国内6都市を結ぶ路線にはシルクエアーの便名を付与する。これにより、シンガポール航空グループのネットワークに、ブバネーシュワル、ゴア、グワーハーティー、ポートブレアの4都市が追加された。

また、シンガポール航空のマイレージプログラム「クリスフライヤー」とビスタラのマイレージプログラム「クラブ・ビスタラ」の上級会員は、双方のラウンジの利用や受託手荷物許容量の増加、受託手荷物の優先取扱い、優先チェックイン、優先搭乗の利用ができる。マイルの獲得や利用も可能となる。

ビスタラはシンガポール航空とタタ・サンズが合弁で設立したフルサービス航空会社。シンガポール航空は107機を保有し、グループを含めて世界35ヶ国105都市にネットワークを広げている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空とシルクエアー、ビスタラとインド国内線でコードシェア