12月2日、ブリヂストンは11月5日に発売された新型コンパクトSUV「トヨタ・ライズ」および「ダイハツ・ロッキー」に、「ECOPIA EP150」が新車装着用タイヤとして採用されたことを発表した。

操縦安定性と乗り心地に貢献。安全性や経済性にも寄与

「ECOPIA」は、ウェット性能や操縦安定性能といったタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランド。現在ではさまざまな車種向けに商品ラインアップを取り揃えており、高い評価を獲得している。

 新型コンパクトSUVの「ライズ」および「ロッキー」に装着される「ECOPIA EP150」は、転がり抵抗の低減とウェットグリップ性能の両立を可能としたゴムを採用するだけでなく、操縦安定性能や乗り心地などを高め、安全性と経済性に貢献する。

「ライズ」/「ロッキー」は、コンパクトなサイズながら存在感と力強さをもち、操作性の高いSUV。「ECOPIA EP150」の17インチ大径タイヤにより、SUVらしい力強いスタイリングを持ちつつ小まわりの利く優れた扱いやすさをサポートし、路地や交差点などで軽快な走行が可能な同車の特性を下支えしている。

 両車に新車装着される「ECOPIA EP150」のサイズは195/60R17 90H。このタイヤを履くグレードはライズでは「Z」、ロッキーでは「プレミアム」/「G」と、いずれも上級グレードとなる。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ブリヂストンの「ECOPIA EP150」がトヨタ「ライズ」&ダイハツ「ロッキー」の新車装着タイヤに