11月25日、日産自動車と兵庫日産自動車、日産プリンス兵庫販売は、神戸市および神戸酒心館と、EVを活用した「災害連携協定」を締結したことを発表した。

災害時は日産がリーフを無償貸与するとともに、神戸の酒造メーカー「神戸酒心館」が飲料水を市民に提供

 このたび締結された協定の内容は、神戸市が『台風、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等において、日産の販売会社である兵庫日産自動車、日産プリンス兵庫販売より貸与される電気自動車、日産リーフを非常用電源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というもの。

 さらに、災害発生により神戸市内での水の確保が困難となった際には、神戸の酒造メーカーである「神戸酒心館」が所有する飲料水を日産リーフで運搬し、市民へ提供する。これにより、神戸市では災害時に不可欠である電気と水の両方を、EVを使って、市民へ供給することが可能となる。

【協定の概要】

・日産自動車および兵庫日産自動車、日産プリンス兵庫販売は、神戸市で災害発生を起因とする停電が発生した際、市が指定する避難所に、日産販売会社の店舗に配備している「日産リーフ」を無償で貸与。



・神戸市、日産自動車、兵庫日産自動車、日産プリンス兵庫販売の協力によりEVからの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。



・神戸酒心館は、災害発生により神戸市内で水の確保が困難な場合に、自社で所有する飲料水を日産のEVにて運搬し、市民へ提供することで避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る。(貯水槽の容量は7万2000L、1日あたりの摂取量を約1.5Lとした場合、1日100人分で480日間の飲料水を提供することが可能)



・貸与した日産リーフから神戸酒心館にて電力供給し、神戸酒心館を一次避難所として活用することや、帰宅困難者に対し、携帯電話の充電やKOBE FREE Wi-Fi通信利用サービスを提供し、安否確認の情報収集などに活用できる体制構築を検討する。



・日産の環境教育プログラム「わくわくエコスクール」を、神戸酒心館の主催する市民参加の田植え活動に合わせて実施し、共同で環境への啓蒙活動を実施することを検討する。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産自動車が神戸市および神戸酒心館とEVを活用した「災害連携協定」を締結。災害時に不可欠な電気と水の供給体制を構築