7月4日、ボルボ・カー・ジャパンは2019年1〜6月期の新車登録台数が、前年同期(8497台)と比べて9.1%増となる9268台を記録したことを発表した。

「XC40」や新型「V60」シリーズが牽引

 2019年上半期の登録台数が増加した要因として同社は、昨年3月に発売した「XC40」や、昨年9月にフルモデルチェンジした新型「V60」など、デザインやプラットフォームを一新した新世代モデルの堅調な売れ行きを挙げている。

2018年9月に発売された新型「V60」も販売台数増加に貢献

 一方、ボルボ・カーズの世界販売においては、上半期に34万826台(前年比7.3%増、昨年同期31万7639台)と過去最高を更新。世界各地域で前年実績を上回る結果となった。2019年上半期の販売台数増加の要因としては、XC60、XC40、XC90など、SUVラインナップを中心とした販売好調が挙げられるとしている。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【ボルボ国内販売】2019年上半期の登録台数が前年比9.1%増となる9268台を記録