悪路走破性に優れた本格派プレミアムクロスオーバーのボルボV60クロスカントリーが一部仕様変更を行った。

 本格派プレミアムクロスオーバーのボルボV60クロスカントリーが一部仕様変更を実施した。

 

 これまで上級グレードの「T5 AWD Pro」に標準装備だった360°ビューカメラがベースグレードの「T5 AWD」にも採用された。360°ビューカメラとは車両の周囲に装備されている4個のカメラを使用して真上から見下ろしている映像を作成し、センターディスプレイに表示する機能だ。

 

 また後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」にステアリングアシスト機能や、車線中央を維持する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」にステアリングを微振動させ、ドライバーに一時解除を知らせる機能が新たに追加された。

 

 価格は549〜649万円(税込)。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ボルボV60クロスカントリーに先進安全装備が追加!