BMWのフラッグシップクーペ/カブリオレの8シリーズ。そのスポーティバージョンたるM8がドイツで発表された。

 今回発表されたのはM8とさらに強力なエンジンを搭載するM8コンペティションである。M8は昨年のル・マン24時間レース会場における8シリーズのデビューと同時に、GTEカテゴリーでレース参戦を果たしているが、ロードカーとしてあらためて登場した。クーペと同時にカブリオレも発表となっている。

 搭載される4.4ℓV8ツインターボエンジンは高回転型となり、M8コンペティションで最高出力625ps(M8=600ps)を発生。最大トルクの750Nmは標準モデルのM850iと同値だが、最高出力は上位グレードのM8コンペティションで95psも向上している。スポーツモデルらしく排気音は電動フラップで制御され、サーキットやワインディングでの走りを満喫できるだろう。

 組み合わされるトランスミッションは標準モデルの8シリーズと同じく8速ATで、駆動方式も同様の4WDとなっている。M5から採用される走行モードM xDriveによって4WD、4WDスポーツ、2WDを任意で選択できる。エンジンマウントを強化し、フロントのキャンバーを強めるなど、GTEでのイメージを損なわないように走行性を高めている。

 パフォーマンスはスーパースポーツ級で0-100km/h加速はM8コンペティション・クーペで3.2(M8=3.3)秒。コンペティション・コンバーチブルで3.3(M8コンバーチブル=3.4)秒を誇る。最高速はオプションのMドライバーズパッケージを装備することで305km/hに達するという。

 外観上はクーペではCFRP製ダブルバブルルーフ、M8のバッジやMスポーツエキゾーストシステムなどが異なるものの、オーバーフェンダーなど大げさな装備は備わらない。標準の8シリーズと見た目で大きな変更点はないが、オプションで選択可能なカーボン・エクステリア・パッケージを装着するとフロントバンパーのエアインテークやドアミラー、フロントフェンダーギル、リアバンパー内エキゾースト周辺などがCFRP製となって一気にレーシーになる。



 室内は8シリーズの特徴とも言えるセレクターレバーがクリスタル製ではなくスポーティな形状の革製となり、シフトスケジュールの調整スイッチも備わる。



情報提供元:MotorFan
記事名:「 BMW 8シリーズの最強バージョン、M8が登場!