2019年5月17日(金)に発売された新型トヨタ・スープラだが、TRDによるGRパーツも同時に発表され、一般公開された。もともとダイナミックなエアロダイナミクスを持つ新型スープラだけに、こうした空力付加物も違和感なくマッチングするのが魅力。問答無用で「全部載せ」を注文したくなる完成度の高さだ。

メーカーワークスならではの見事なマッチング

 TRDが手掛ける新型スープラ用GRパーツは、さすがメーカーワークス製らしく見事なマッチングを見せる。パーツひとつひとつにはけっして派手さはなく、実直にエアロダイナミクスを追い求めたという印象だが、トータルではメーカー謹製のエボリューションモデルのような凄みを湛えている。



 この完成度を見せつけられたら、迷わず「全部載せ」を注文したくなる人も少なくないはずだ。

フロントスポイラーはまるでレーシングマシンのようなデザイン。

サイドスカートとサイドドアガーニッシュ。さりげないパーツだが、サイドビューがかなり引き締まる。

リヤサイドスポイラー。ノーマル車両にも付いているディフューザーの両端にかぶせるタイプ。

トランクスポイラーは意外と控え目なデザインだが、それが逆に凄みを感じさせる。

【価格表】

GRフロントスポイラー:32万円

GRサイドスカート:35万円

GRリヤサイドスポイラー:16万円

GRサイドドアガーニッシュ:37万円

GRトランクスポイラー:20万円



GR19インチ鍛造アルミホイール

1台分(4本&ホイールロックボルト):64万円

フロント用(1本):15万円

リヤ用(1本):15万円

ホイールロックボルト:4万円



情報提供元:MotorFan
記事名:「 新型トヨタ・スープラ用のGRパーツ(TRD)が早くもスタンバイ!