MotorFan.jp編集部のスタッフカーであるルノー・メガーヌGTには、いわゆる“ナビゲーション”が付いていない。見知らぬ土地に行くのにナビゲーションがないのは不安この上なし。ただし、ルノー・メガーヌGTには、ルノー・マルチセンスと呼ばれる最新のインターフェイスを搭載。スマートフォン(iPhone/android端末)と接続することで、スマートフォンのグーグルマップを映し出すことができる。今回は、iPhoneのApple CarPlayを利用した。



レポート日:2019年5月11日

オドメーター:1859km+α



TEXT&PHOTO●福永貴夫(FUKUNAGA Takao)

ルノー・マルチセンスとスマートフォンを繋げて未知の場所へ行ってみる

グーグルマップの設定では、経路オプションとして「高速道路を使わない」「有料道路を使わない」「フェリーを利用しない」という項目を選ぶことができる。この道に行き着いた際のグーグルマップの設定は、「高速道路を使わない」「有料道路を使わない」だった。

 前口上で、ルノー・メガーヌGTにはナビゲーションが付いていないと書いたが、なんら問題はない。現行メガーヌ「GT」系には、ルノー・マルチセンスと呼ばれる最新のインターフェイスが採用されており、スマートフォンを繋げれば慣れ親しんだ端末を操作して地図画面の表示や行き先設定を簡単に行うことができるからだ。



 ところで、今回のお題は「グーグルマップ」。iPhoneのApple CarPlayを使い、画面をルノー・マルチセンスに映し出す。行き先設定をし、あとは指示通りに目的地に向かうだけ。



 普段、徒歩で移動する際も利用しているグーグルマップ。ルノー・マルチセンスに映し出したからといってなにかが変わるというわけではない。だが、意味もなく“ひょっとして……”という不安がよぎったのも正直なところだった。相性もあるだろうし……、というような裏付けのない感じで。



 結論は、みなさんのご想像通り。使い勝手もよく、ルートも適切、時には時間短縮ルートを提案してくるなど、グーグルマップの精度の高さに感服した次第だった。



 ただ、これだけだと、なにもおもしろくない。そこで、今回のロングドライブで経験した、ルートをいくつか紹介したと思う。

マップ表示の準備OK!

スマートフォン、7インチのセンターモニター、どちらからでも操作可能。編集Tは、使い慣れたスマートフォン(iPhone)で操作する機会が多かった。

高速道路を走行

一般道を走行

自動車専用道路(無料区間)を走行

景色のいい場所を走行

いくら近道だといってもこんな道を案内するとは

 通常、幹線道路や一般的な道を案内してくれるナビゲーションだが、グーグルマップはそれだけにとどまらず。より効率よくルート案内するため(?)、田んぼのなかの道や住民しか通らないであろう道への案内までしてくれた。



 正直、どれだけ時間短縮に繋がったのかはわからないが、こんな道を通るのもロングドライブの楽しみのひとつ。慣れない道だけに、細心の注意を払いならが、とはいえ、そこの地域住民になった気になってドライブを楽しんだ。

広域農道を走行

堤防の道(自動車走行可)を走行

田んぼのなかの道を走行

おっと通行止め! グーグルマップ先生でもたまにはミスもあるんだな、と逆に笑いがでてしまった

 グーグルマップのちょっと変わった(?)ルート案内に慣れたとはいえ、何度か“本当にこの道で間違いないよな?”と思ったのも正直なところ。



 そんなとき、撮影にナイスなシーンが訪れた。なんと、通行止め。ロングドライブ二日目は、曇り空ながらほぼ雨に降られることなくルノー・メガーヌGTを走らせることができた。が、その前日は大雨。ひょっとして、土砂崩れ等で通行止めになって間もなしだったのかもしれない。



 これもご愛嬌。これが仕事なら大変だが、無目的の気ままなロングドライブ。これも旅の思い出になるかなと思い、不思議と笑みが出てしまった。





情報提供元:MotorFan
記事名:「 グーグルマップ侮れず。道なき道(?)への誘いはご愛嬌。道中の行き先案内人として頼りっぱなし!〈ルノー・メガーヌGT長期レポートVol.8〉