16日に開幕した上海オートショーで、トヨタはコンパクトSUVであるC-HRベースの電気自動車を世界初公開。来年の中国での発売スタートを発表し、その他にも多くの電動車をアピールした。

 中国ではC-HRと、販売チャンネル違いの兄弟車IZOAのエンジン車がすでに販売されており、今回のEVもこの 2車種が同時に発表されている。トヨタは2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEVの展開を予定、2030年の「グローバル電動車販売550万台以上」の目標に向け、EV普及政策を取る中国市場での展開をまず発表した形だ。



IZOA EV。
C-HR EV。


IZOA EVのインテリア。シフトレバーはジョイスティックタイプに見える。

公式動画を見ると、バッテリーはフロア下に配置し、モーターで前輪を駆動するようだ。

 他にも上海オートショートヨタブースでは、中国で初披露となる新型RAV4、アルファード/ヴェルファイアのハイブリッド、今年3月から販売を開始したカローラ/レビンのプラグインハイブリッド、中国の研究開発拠点であるTMECで開発された「中国の90後(1990年以降生まれ)の若者の価値観やライフスタイルに合うクルマ」として提案するEVコンセプト車「RHOMBUS」など数多くの電動車を披露っしている。



中国の若い世代を狙ったEVコンセプトカーROMBUS。

ROMBUSのインテリア。独自のシートレイアウトを採用している。

IZOA EV実車。



C-HR EV

ヴェルファイアHV。
アルファードHV。


情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタが中国向けのEVを世界初披露!【上海オートショー】