本日2019年4月14日(日)開催中の「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」出展ブースをいち早く紹介!

旧型アルピーヌA110

 ルノー&アルピーヌは2017年にブランド復活を果たしたアルピーヌの新型A110と、そのルーツとなった旧型A110を展示。

(手前より)ルノー・トゥインゴGT、ルーテシアR.S.、メガーヌR.S.

 さらに、ルノー・スポールが開発を手掛けたトゥインゴGT、ルーテシアR.S.、メガーヌR.S.も展示。現行ルノーのスポーツモデルが一堂に会している。

Cパドック内で展開されている「ルノー・スポール・ジャンボリー2019 in MFF」

 また、「ルノー・スポール・ジャンボリー2019 in MFF」も同時開催。数百台ものルノー車とそのオーナーが富士スピードウェイに集結している。



 他にも魅力的な車両・コンテンツが盛りだくさんの「モーターファンフェスタ2019」は、富士スピードウェイで本日18:00まで開催中。貴重なクルマの数々を見に行くのは今からでも遅くない!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 ルノー&アルピーヌブースには現行R.S.全車と新旧A110が勢揃い!【モーターファンフェスタ2019】