ジュネーブショーで発表された、マツダの新型クロスオーバーCX-30。これの正しい読み方をマツダの方に確認してみると……。

 事前商談が開始されたマツダ3の見積もりをディーラーで作成してもらいつつ、グレード解説などをしていただいた記事は3月12日にアップしたが、実はこのディーラーでの商談中、3月5日に発表されたばかりのCX-30についてもディーラーの方に聞いていたのだった。マツダ3のプラットフォームやパワートレーンと共通の部分も多いし、なんといっても人気のSUVカテゴリーである。これってすぐに発売されたりしないですよね……。



なんと読むのか、自信を持って発声できなかった。

「あの、ジュネーブで出たばっかりのアレ、アレは日本でいつごろ発売開始なんでしょうか?」「あぁ、あれはまだ私達も全然詳しい情報は知らないんですよ。発売時期も、なんとも申し上げられません」という会話が交わされた後に、セールスの方がこう教えてくれたのだった。



「ちなみに、CX-30の正式な読み方は“シーエックス サーティ”です。“シーエックス さんじゅう”ではありません。これだけはお答えできます」とのこと。みなさんもこれからは自信を持ってCX-“サーティ”と呼んでください。







マツダデザイン本部が監修した新世代店舗。
内装もシック(筆者が訪れた店舗ではありません)


情報提供元:MotorFan
記事名:「 ところで、CX-30ってどう読むの? ジュネーブで出たばっかりのアレは日本でいつごろ発売開始なんでしょうか?