1月12~13日、ベルサール秋葉原でカワサキの2019年モデルを展示する『カワサキモーターショー in 東京ベルサール秋葉原』が開催された。このなかで、2018年のミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)で発表されたW800 CAFEも展示車両のひとつとして並んだ。

PHOTO&REPORT●伊藤英里(ITO Eri)

 Wシリーズの800ccモデルとして人気を誇っていたW800だったが、2016年にW800 Final Editionが発売されてのち生産終了となっていた。そのW800、2018年11月に開催されたEICMAで、W800 CAFEとW800 STREETの2車種が発表。今回秋葉原の展示会に登場したのは海外向けモデルで、W800 CAFEである。



 フロントにはビキニカウルが装着され、ハンドルは上から見ると“M”型になっていて、よりスポーティなライディングポジションとなりそうだ。また、リヤにはディスクブレーキを採用して前後ディスクブレーキとなった。タイヤは前後18インチを履く。

ビキニカウルが装着されたW800 CAFE。ヘッドライトはLED

ハンドルは“M”字型で、通常のバーハンドルよりも前傾のライディングポジションとなりそう

スピードメーターとタコメーターはアナログ表示。デジタルでオドメーター、トリップメーター、時計を表示する

リヤはディスクブレーキが採用されている

2本出しのマフラーは、バーチカルツインエンジンの特長を引き出すよう、調整されたという

フロントタイヤは19インチから18インチに変更された

ヘッドライトはLEDとなり、ABSも標準装備。レトロなカフェレーサーのスタイリングを保ちながらも、最新のテクノロジーが詰め込まれている。



 伝統のバーチカルツインエンジンを搭載しているが、その内実は90%を刷新したという。排気量は773ccで、空冷である点も変わりはない。

エンジン回りはメッキ仕上げではなく、シックなブラックのパーツで統一されている

伝統的なバーチカルツインエンジンは健在

“W”の文字が象徴的なタンク

 日本での発売は発表されていないが、人気のW800シリーズの兄貴分的位置づけとなるモデルだけに、導入を期待したいところだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日本発売への布石か!? W800 CAFÉの実車をマジマジと見てみた。