旬なクルマの情報を網羅した「モーターファン別冊 統括シリーズ」。今回は「Vol.106 2018-2019年国産&輸入SUVのすべて」から「アウディQ5」を抜粋してご紹介。



レポート=岡本幸一郎[本文]/蔵田智洋[写真解説] フォト=中野幸次

軽量化と新たな足まわりで 俊敏さにより磨きが掛かる

 世界累計販売台数160万台を超えるヒットモデルとなった初代Q5は、成長著しいミッドサイズSUV市場において大成功した一台といえる。そのあとを受けて登場したこの二代目は、最近の一連のアウディ車と同様、一見するとキープコンセプトながら、すべてにおいて小さくない進化を遂げている。



 動力性能は2.0ℓでも十分だが、3.0ℓV6ターボを搭載した「SQ5」はさらに上。低く太く響くエキゾーストサウンドも「SQ5」ならでは。トランスミッションがDCTのSトロニックかATのティプトロニックかという違いもある。



 新しいモジュラープラットフォーム「MLB evo」の採用と軽量化の努力により初代に比べて大幅に軽くなっているのも特徴で、サスペンションは前後とも5リンク式とされた。これらも効いてか、走り味もより軽快で洗練されたものとなっている。



 持ち前の俊敏なステアリングレスポンスにはさらに磨きが掛かり、より応答遅れが小さくなるとともに、タイヤがより理想的に路面に接地するようになり、大きな舵角を与えても安定したグリップが得られるようになった。コーナリング性能の高さはSUVとは思えないほどだ。電制ダンパーを備えた「SQ5」は、引き締まった中にもしなやかさのある懐の深い乗り味を提供してくれる。



 クワトロシステムについてもさらに効率を高めるとともに、滑りを予知する機能を加えるなど進化した。



 見た目の変化は小さくても、中身の進化は小さくない新型Q5である。

随所にアルミ調デコラティブパネルをあしらった水平基調のダッシュボードは、センタークラスターをドライバー側に傾けて操作性に配慮。高めの着座位置で視界も良く、ピラー周辺の死角も少ないので大柄なボディなのに運転がしやすい。

後席シート高:740mm
前席助手席シート高:755mm



年収800万!正社員、社宅ありの横浜市の求人 増員募集!<生産技術>

パーシャルレザーシートはタッチが柔らかで質感が高く、クッションは厚め。剛性感の高い座り心地だ。前後席ともにガラスエリアが広く、シート高はやや高め。視界が良く開放的であり、ドアが90度近く開くことと相まって、足運び、乗り降りともにとてもしやすい。

クーペのようにルーフラインが美しいだけでなく、力強いホイールアーチがSUVらしさを強調。250台限定の特別仕様車「1st edition」は、精悍なS lineバンパー、コントラストデザインの20インチアルミホイール、LEDヘッドライト&リヤコンビランプなどを装備。

1st edition(特別仕様車)

全長×全幅×全高(㎜):4685×1900×1665

ホイールベース(㎜):2825

トレッド(㎜) 前/後:1620/1610

車両重量(㎏):1820

エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ

総排気量(㏄):1984

最高出力(kW[㎰]/rpm):185[252]/5000-6000

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):370[37.7]/1500-4500

燃料タンク容量(ℓ):70(プレミアム)

トランスミッション形式:7速DCT

駆動方式:4WD

タイヤ・サイズ:255/45R20

最小回転半径(m):5.5

JC08モード燃費(㎞/ℓ):13.9

車両本体価格:704万円

アウディQ5にスポーティな黒基調の内外装を備えた「ブラックエディション」が250台限定発売!


新型アウディQ5にスポーティな「2.0 TFSIクワトロスポーツ」が仲間入り!


自動車業界の求人を今すぐ探す!<品質管理・品質保証>

情報提供元:MotorFan
記事名:「 アウディQ5:成長著しいミッドサイズSUV市場において大成功した一台、すべてにおいて小さくない進化を遂げている