TOYOTAは、C-HRにブラック系とブラウン系の計2種類の特別仕様車を設定し、12月3日に発売した。

ブラック基調の内外装がクールな「Mode-Nero」

 今回設定された2種類の特別仕様車のうち、「Mode-Nero」は内装をブラック基調とし、クールな印象が高められている。インストルメントパネルアッパーやコンソールボックスなどをブラックにしたほか、シート表皮の本革部にクールグレーのアクセントが施される。



 また、外装ではブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールが備わり、クールでスポーティなイメージを演出する。ボディカラーにはブラッキッシュアゲハガラスフレークをはじめ、メタルストリームメタリック×ブラックマイカ、メタルストリームメタリック×ブラッキッシュアゲハガラスフレークの2トーンが特別に設定されている。

シックなブラウンで大人カジュアルを演出「Mode-Bruno」

 もう一方の特別仕様車「Mode-Bruno」は、内装がブラウン基調となる。シート表皮やインストルメントパネルアッパー、コンソールボックスをダークサドルタン(ブラウン系)とすることで落ち着いた室内を演出。外装ではフロントアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すことで上質感が強調されている。ボディカラーはメタルストリームメタリック×ブラックマイカに加えて、ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャインが特別に設定されている。



 なお、いずれの特別仕様車にもバックカメラとリヤクロストラフィックアラートが装備され、後退時の安全をサポートする。



 パワートレーンは1.2Lターボ(FF/4WD)と1.8Lハイブリッド(FF)を設定。車両本体価格はベースとなる「G」および「G-T」よりも5万円高く、「G “Mode-Nero”」と「G“Mode-Bruno”」は265万5200円(FF)/284万9600円(4WD)。「G-T “Mode-Nero”」と「G-T“Mode-Bruno”」は297万9200円。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタC-HRにオトナな特別仕様車が2種類登場!!〈TOYOTA C-HR〉